パンとお菓子のおいしい生活Vol.19

今回の逸品 :Polkaのサムライ……249円

フランスパンの神に敬意を込めて
大和魂で焼く古代フランスのパン

このパンの名前、「サムライ」っていうんですよね。通常リュスティックと呼ばれているパンです。名前の由来を聞いてみると、日本にフランスパンをもたらしたフランスパンの神レイモン・カルベル氏が、このパンのクープ(切れ目)を侍が刀で切りつけた様に見立てて名付けたそうなんです。シュパッと勢いよく入った鋭いサムライクープはエッジが強く入り、パンのボリュームを促します。持 つと想像していたよりもかる〜い!クープからパンの水分がしっかり抜けている証拠です。ガッシリと強く焼き込まれたクラスト( 皮 )。カットすれば、断面には見惚れるほどの不揃いで大きな気泡がボコボコ!一口かじれば「あ〜、パンってこういうもの!これぞパンの原点!」って思います。リュスティックとは“ 粗野な”とか“ 野性的な”という意味。古代フランスより伝わるシンプルなパン。野性的にガブっとかじりついちゃってくださいな!


おいしいパンには何を挟んでもおいしい! パテドカンパーニュのカスクルートに。軽めの赤ワインが合います。
赤ワインとスパイスで煮たドライフィグをクリームチー ズと。ハチミツを添えて極上タルティーヌでどうぞ。

パンの店Polca(ポルカ)

愛知県尾張旭市東山町1-2-5

営業時間/12:00〜20:00

定休日/月・火定休

HP/http://ameblo.jp/mariko595/

プロフィール

伊藤真由美(いとまゆ)

伊藤真由美(いとまゆ)

JPCA認定パンコーディネーターエキスパート、製菓衛生師、食育指導士としてパン関連グッズやイベントなどのプロデュースで活躍中。「おいしいパンのある暮らし」パン教室主宰。
HP:http://www.itomayu.com
ブログ:http://itomayu.blog88.fc2.com/

知多半島近郊の情報をお届け!
気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで東海市発 情報誌「ペコロス」をフォローしよう!